カテゴリー別アーカイブ: 健康

高コレステロールの原因とは?

コレステロールの摂取過多になってしまう原因は、大きく分けて2つあります。

一番の理由が、食生活でしょう。

普段の食事から必要以外にコレステロールを取ってしまう事でコレステロールの値が高くなってしまいます。これ以外の理由では、肝機能が正常に働かない為にコレステロールが多く作られてしまうケースも存在します。

生まれつき肝機能が弱かったり、糖尿病などの病気にかかっていたりすると起きるケースです。食生活に関しては、自分を見直す事が改善への一番の道となるでしょう。

高いコレステロールは、食事習慣が原因であるケースがほとんどです。肉類を控え、脂分も遠ざけるなどの工夫は効果大です。カロリーが高い甘いものなども避けた方が良いでしょう。
中性脂肪とコレステロールの違いは?

日本人本来の食事でもある、魚・野菜中心のヘルシーな食生活に変えてみるのも有効な手段です。

視点を変えて、カロリーをきちんと消費するというのも一つの方法です。ひたすらにカロリーを摂取し消費せずに貯蓄してしまうのもコレステロールの値が高くなってしまうことへ繋がってしまいます。カロリー消費には有酸素運動が良いといわれています。

ジョギングやウォーキング、水泳などもカロリー消費に良い運動です。激しい運動は、カロリー消費が目的では向いているとは言い難いので、毎日コツコツと続けられる運動が良いでしょう。

運動する時間が取りづらい状況であれば、通勤時に極力歩く工夫をするだけでも変化が得られます。日々の生活にちょっとしたスパイスとして、織り込んでいくと良いでしょう。

食生活・有酸素運動で「摂取と消費」のアプローチで改善を試みつつ生活のリズムを整える事も重要です。生活リズムの乱れも、コレステロール蓄積の原因に繋がります。

良く耳にする話ですが、不規則な食事や夜食は消費カロリーを減らしてしまいます。睡眠不足とストレス過多も天敵です。自律神経に悪い影響を及ぼしてしまうので、血行不良の引き金となってしまうことも。

また、ストレスによってドカ食いや糖分の多量摂取、過度のタバコや飲酒などを誘発してしまいます。生活リズムも整えつつ、上手にストレスを逃がしていく事もポイントの一つです。