お肌の状態の種類

お肌の状態にはいろいろな種類があります。大きく5つに分類することができます。まず普通肌についてですが、カサつきもせずベタつきもしていない、適度な量の皮脂と水分を持つお肌のことをいいます。特にトラブルがなく、ハリやツヤがあるなら普通肌ということができます。

肌質が理想的でも季節や環境によって肌の状態は変わりますので、環境や体調に応じて、継続してお肌のお手入れをする必要があるでしょう。

次にオイリー肌です。オイリー肌(脂性肌)とは体質的にお肌に皮脂が分泌しやすい状態をいいます。とくに汗をかきやすい夏には、吹き出物やニキビなどができやすい肌質といえます。

原因として、食生活や生活習慣によって、ホルモンバランスが乱れてしまうこと、そして間違ったスキンケアが挙げられます。もちろん生まれつきの体質ということもありますが、肌を改善するためには、正しいスキンケアと食生活の見直しが重要でしょう。

そして、乾燥肌です。オイリー肌とは逆に、皮脂の分泌量が過度に少ない状態をいいます。お肌がカサついてしまい、空気が乾燥する冬場には、粉がふくような状態になることがあります。適度な皮脂は、乾燥や有害物質など様々な刺激からお肌を守りますが、そのような防御作用がないので、シミやシワなどを引き起こしやすくなります。

乾燥肌の原因としては、年齢、体質、環境、生活習慣、ビタミン不足などといろいろですが、意識して改善していくことは可能です。パックなどでこまめに保湿し、バランスのとれた食習慣を保つことで、肌の質を変えていくことができます。

続いて敏感肌です。敏感肌とは、少しの刺激に過剰に反応してしまい、肌のトラブルを引き起こしやすい状態をいいます。

たとえば、ある化粧品や美容液が原因で、肌がマダラになったり、赤くなったり、かゆみが生じたりします。また衣服が原因で肌がヒリヒリしたり、ストレス、食生活、生活環境によって肌質が敏感肌になってしまう人もいます。それで、化粧品やボディシャンプーなどを購入する際には、天然由来成分が配合されている、お肌にやさしいものを選ぶと良いでしょう。

乾燥肌とオイリー肌の両方の症状が混在しているお肌のことを、混合肌とよびます。例えば顔のある部分は脂っこくテカテカしていて、ある部分はカサカサ、という人の場合がそうです。

また、季節によって肌質が変わる人もこのタイプといえます。この混合肌を改善するにはスキンケアはもちろん、混合肌の原因になる、夜更かしや不規則な生活習慣を見直すことで、肌細胞の修復リズムを回復して、混合肌に伴うトラブルを避けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>